ミニ四駆のために、しない方がいい4つの改造

ミニ四駆のモーター改造を禁止する旨の説明その1

初心者にありがちな間違った改造や、経験暦を問わずお勧めできない改造について、解説します。


ミニ四駆の改造には「道」がある

ミニ四駆・パーツの種類は盛り沢山。 その数は、数百種類にも上ります。

テーブルの上に広げたミニ四駆やパーツ

ミニ四駆でどう遊ぶかは、遊び手(つまり私たち)に任されているので、何をどうするかは自由です。 自由ですが、ミニ四駆の改造には「道」があって、これを間違えたり無視したりすると、あまり良いことがありません。

セントラルロード

今回は、
 ミニ四駆の初心者にありがちな、間違った改造、
 初心者・経験者を問わず、お勧めできない改造、
について、解説します。

①モーターだけを速くする

速いモーターに交換するだけの改造は、しない方が無難です。 具体的には、ウルトラダッシュモーター」や「プラズマダッシュモーター」と交換して、他はキット付属のパーツのまま走らせるのは、避けた方が良いです。 その状態でコースを走らせると、ミニ四駆(シャーシ本体)がすぐに壊れる恐れがあるからです。

公式大会では使うことができないミニ四駆のモーター

ミニ四駆の性能(パラメータ)は、
 スピード、
 安定性、
 頑丈さ、
 格好良さ、
の4種類に分かれます。 レースで重要なのは、スピード・安定性・頑丈さの3つで、コンクールデレガンスで重要なのは、格好良さです。

ミニ四駆グランプリ東京大会の様子その3ミニ四駆のコンクールデレガンス受賞作品

ミニ四駆のスピードが速くなると、コースの壁にぶつかる時の衝撃が大きくなるので、受けるダメージも大きくなります。 安定性や頑丈さが低いままだと、コースから飛び出しやすくなったり、壊れやすくなったりします。

ミニ四駆が受けるダメージのイメージ

モーターは、キット付属のノーマルモーターが最も遅く、
 「トルクチューンモーター」、
 「アトミックチューンモーター」、
 「ライトダッシュモーター」、
の順に速くなってゆきます(受けるダメージも大きくなる)。
> モーターについては、「モーターの種類と性能」を参照。

キットは、ノーマルモーターで走る前提での設計です。 頑丈なシャーシの場合、チューン系モーター(*1)なら平気ですが、ダッシュ系モーター(*2)には耐えることができません。

*1:「アトミックチューンモーター」など、名前が「○○チューン」というモーターの総称。
*2:「ライトダッシュモーター」など、名前が「○○ダッシュ」というモーターの総称。

ほぼノーマル状態のミニ四駆

ですので、速いモーターに交換する場合、補助プレート(頑丈さがアップ)や、マスダンパー&ブレーキ(安定性がアップ)などのパーツも、同時に取り付けるようにしてください。
> 補助プレートについては、「補助プレートについて」を参照。
> マスダンパーについては、「マスダンパーについて」を参照。
> ブレーキについては、「ブレーキについて」を参照。


あるトップレーサーの言葉です。
「速いミニ四駆なら沢山ある。 でも、レースで勝つ強いミニ四駆は少ない」


レースで勝つ強いミニ四駆とは、
 スピード・安定性・頑丈さが、高いレベルでバランス良くまとまっている、
 なおかつ、
 コースの形(起伏や距離)に合わせた、最適なセッティングになっている
ミニ四駆です。 単にスピードが速いだけの、かっとびミニ四駆ではないんですね。

テーブルトップを着地したミニ四駆と体勢を崩したミニ四駆

ミニ四駆の改造の基本について、次の記事にまとめています。 スピードを追求するだけでなく、安定性と頑丈さもアップする改造をして、レースで勝てる強いミニ四駆にしましょう!
> 「ミニ四駆の改造の基本

②説明を読まずに改造する

パーツの説明を読まずに改造するのは、しない方が無難です。 具体的には、付属の説明書・パッケージ裏側の説明をちゃんと読まないでパーツを取り付けるのは、避けた方が良いです。

説明を熟読すれば、パーツを正確に取り付けることができますし、不適切な使い方でトラブルに遭うことも減ります。 逆に、説明をあまり読まずに遊んでいると、なかなか初心者の域から抜け出せません。


ミニ四駆の説明書は秀逸です。 パーツを取り付ける順番や注意事項が、きめ細かく説明されています。

ミニ四駆のパーツの説明書その4ミニ四駆のパーツの説明書その1ミニ四駆のパーツの説明書その2ミニ四駆のパーツの説明書その3


パーツによっては、効果が絵で分かりやすく説明されたり、パッケージの裏側に注意事項が書かれたりしています。

ミニ四駆のパーツの説明書その5ミニ四駆のパーツの説明


同じパーツでも、シャーシによって取り付け方法や使い方が、違う場合もあります。

ミニ四駆のパーツの説明書その6ミニ四駆のパーツの説明書その7
ミニ四駆のパーツの説明書その8ミニ四駆のパーツの説明書その9


補助プレートの説明では、どの穴に、どの大きさのガイドローラーを取り付けるのかが、一目で分かるようになっています。

ミニ四駆のパーツの説明書その11ミニ四駆のパーツの説明書その12


ミニ四駆には、ビス・ワッシャー・ナットなどの小部品が、たくさんあります。 パーツによっては、たくさんの種類が必要になりますが、1つ1つの小部品の使い方が、とても分かりやすく説明されています。

ミニ四駆のパーツの説明書その10


コースでトラブルを起こしたミニ四駆を見せてもらうと、ワッシャー、スプリングワッシャー、ベアリングスペーサーの3つが、適切に使われていないケースが目立ちます。

ワッシャーは、ミニ四駆やパーツを衝撃から守ります。 スプリングワッシャーは、衝撃を受けてもパーツが外れるのを防ぎます。 ベアリングスペーサーは、ガイドローラーをカッチリ取り付けても、スムーズに回転させます。
> 小部品の詳細については、「小部品について」を参照。

パーツは説明書通りに取り付けないと、本当の性能を発揮することができません。 また、説明書の注意書きを守らないと、思わぬトラブルが発生することもあります。 せっかくお金を払ってパーツを買ったのに、性能を発揮できなかったりトラブルに遭ったりしたら、もったいないですよね。

ミニ四駆は、1つ1つの小部品が適切に使われているかどうかで、明暗が分かれます。 ですので、パーツを買ったら説明を熟読するよう、心がけましょう。 多少めんどうでも、その方が早く上達しますし、ミニ四駆の楽しさが増します。 慣れるまで、説明書は捨てずに取っておくことを、お勧めします。

③いきなり上級者をまねる

ミニ四駆を始めたばかりで、いきなり上級者をまねるのは、しない方が無難です。 具体的には、ミニ四駆を改造したり走らせたりする経験が浅いうちは、提灯(*1)のような複雑な改造は、避けた方が良いです。

*1:提灯(ちょうちん)と読む。 マスダンパーの効果をさらに高めた改造で、立体コース用ミニ四駆の主流となっている。 その効果は絶大で、ジャパンカップ2012のチャンピオンのミニ四駆を始め、多くのレーサーが採用。 マスダンパーをぶら下げた様子が提灯に似ていることから、そう呼ばれている。 「ミニ四駆超速ガイド2013」で詳しく紹介(74〜75ページ)。
> 「ミニ四駆超速ガイド2013」については、「「ミニ四駆超速ガイド2013」がすごい3つの理由」を参照。

初心者でも、上級者の改造をまねすれば、それに近いミニ四駆が作れます。 忠実に再現できれば、コースに点在する難所も、簡単にクリアできるでしょう。 でも、これを繰り返してばかりだと、ミニ四駆は高いレベルでも、レーサー自身のレベルは、あまり高くはなりません。 本当ならぶつかっているはずの壁を、一度にいくつも通り越してしまうため、その経験を積むことができないからです。


あるトップレーサーの言葉です。
「速いミニ四駆を部分的に真似(まね)しても、理由が分かっていないから、セッティングが、ちぐはぐなんだよね」


速いミニ四駆を作る最短の方法は、上級者をまねすることです。

ですが、無加工のパーツを取り付けただけのミニ四駆を、コースで走らせる経験も必要です(きっぱり)。 そうしないと、途中で必ず行き詰まるからです。 上達に必要な壁を無数に飛び越えてしまうと、自分に何の経験が足りないのか、後で知ることが難しくなります。 近道をしたつもりが、かえって遠回りになってしまうわけです。

また、複雑な改造をしても、その効果が出ているか、本当の意味で知ることができません。

たとえば、スライドダンパーを使った経験が無いまま、それをカーボンプレートで自作しても、あまり意味はありません。 無加工のスライドダンパーの性能を知っていないと、自分の中で基準ができていないため、自作したパーツが機能しているか(それとも改造に失敗して機能していないか)が、分からないからです。

ですので、初めは無加工のパーツを取り付ける改造に絞って、そのミニ四駆を色々なコースで走らせてみてください。 また、たくさんのパーツを取り付けないで、なるべくシンプルにすることをお勧めします。 その方が、各パーツの効果が分かりやすいからです。

ARシャーシやMAシャーシなら、複雑な改造をしなくても、すぐに高性能なミニ四駆を作ることができます。
> AR・MAシャーシについては、「ARシャーシとMAシャーシを使ってみよう!」を参照。

ミニ四駆のシャーシやパーツを、本当の意味で思い通りに改造(パーツ加工)するには、「その部品が、どのような思想で設計されているのか」について、理解する必要があります。 シャーシやパーツの本質を深く理解しなければ、本当に必要な部分と不要な部分を見極めることは、できないからです。

シャーシやパーツの本質を深く理解するには、いきなり上級者のまねをしないで、無加工のパーツを取り付けたミニ四駆を、色々なコースで走らせるのが1番です。 その経験を積み重ねれば、加工していない「素」のシャーシ・パーツの良さが、次第に分かるからです。 複雑な改造に挑戦するのは、それからでも遅くはありません。

あせらずに、階段を1歩1歩登ってゆくような気持ちで、ミニ四駆を遊んでみてください。

東京南青山の風景

④モーターを不正改造する

モーターを不正に改造するのは、しない方が無難です。 具体的には、モーターを分解して中身をいじったり、特殊なスプレーを吹きかけて性質を変化させたりするのは、やめた方が良いです。

モーターは、内部の磁石を強いものに交換したり、導線を巻き付けてコイルを太くしたりすると、回転が速くなります。 また、一部の特殊なスプレーを吹きかけると、性質が変わって回転が速くなるみたいです。 次のサイトに、その方法や理由が、詳しく掲載されています。

【Yahoo知恵袋】
 URL:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11128028051
【要約】

モーター内部は、安全のため、グリスが塗られている。
このグリスは、電気の流れと回転の抵抗になっている。

電気の流れを良くするオイルスプレーを吹きかけると、
グリスが溶けて、電気の流れも良くなって、速くなる。

ただし、発火の危険やオイルが飛び散る問題が発生し、
レギュレーション(公式大会の規則)にも、違反する。

レギュレーション(公式大会の規則)では、モーターの改造は禁止されています。 公平な条件で、レースが楽しめなくなってしまうからです。

ミニ四駆のモーター改造を禁止する旨の説明その1ミニ四駆のモーター改造を禁止する旨の説明その2

モーターの不正改造は、個人で楽しむ分には問題ありません。 自分の家で走らせるだけなら、何があっても責任が取れるからです。

でも、お店のコースで走らせるのは問題です。 特殊なスプレーを吹きかける改造は、周囲にも迷惑がかかるからです。 吹きかけたオイルが漏れるとコースが汚れるので、他のミニ四駆に悪影響を与えます。 実際、その改造をしてみた方が、
「確かに速くなる。 でも、オイルでシャーシが汚れるのでやめた」
と話してくれました。

ミニ四駆ステーション(グッピー越谷レイクタウン店)のコースタミヤプラモデルファクトリー新橋店のコース

それに、万一、モーターが発火したら大変です。 お店のコースで事故になったら、責任を取るのは難しくなるでしょう。 それまでに積み重ねたミニ四駆の楽しい思い出が、台無しになってしまうかもしれません。

ですので、不正改造のモーターを使って、お店のコースを走らせるのは避けましょう。 まして、ミニ四駆ステーション大会や公式大会で使うのは、もってのほか。 してはいけない行為です。

ミニ四駆は「勝つこと」にとらわれると、楽しむことが難しくなります。 物事というのは、結果にこだわり過ぎると、本当に大切なことが見えなくなってしまうからです。 もし、不正改造のモーターを使っているなら、すぐにやめてください。

ミニ四駆グランプリ東京大会の様子その7ミニ四駆グランプリ東京大会の様子その6

もし、周りで不正改造している人を見かけても、ぐっとこらえてください。 「他人がしても、自分はしない」という気概を持てば、それは、あなたとミニ四駆をレベルアップさせる原動力となります。 優れたアイデア(工夫・ひらめき)は、制約の中から生まれるからです。


以前の記事「【検証】モーターのブレークイン」より、ブレークインの方法次第でモーターの性能は大きく変化することが、実証されています。 ご禁制の不正改造をせずとも、モーターを速くすることは可能なわけです。

モーターのブレークインの方法のイメージモーターのブレークインその2

モーターを速くするブレークインの方法と、必要な機器(モーター慣らし機)の作り方を紹介しています。 簡単に実行できるので、試してみてください。 そして、速いモーターを手に入れてください。

ミニ四駆は、ロールプレイングゲーム

ミニ四駆は、ロールプレイングゲームの「ドラゴンクエスト」や「ポケットモンスター」に似ています。

  • レーサー = 登場キャラクター
  • ミニ四駆 = 武器・防具・魔法

以前の記事「タミヤ製の電池を使おう!」と「モーターの性能が下がってしまう4つの原因」でも書きましたが、各種モーターとタミヤネオチャンプ(充電式電池)は、育成することができます。 また、自分自身(ミニ四駆の知識、改造の技術、走行の経験)をレベルアップさせれば、高性能なミニ四駆を作り出すことや、コースに合わせた最適なセッティングが、できるようになります。

ミニ四駆グランプリ東京大会の様子その1ミニ四駆グランプリ東京大会の様子その2

ミニ四駆は仕組みがシンプルなので、基本が分かれば、すぐに上達できます。 ただ、特別な条件(トップレーサーが身近にいるなど)でも無い限り、すぐに表彰台に立つのは難しいでしょう(特にオープンクラス)。 発売から30年以上も経っているミニ四駆は、遊び始めて10年以上、20年以上という強者の方もいるからです。

ミニ四駆グランプリ2014東京大会の表彰台(ジュニアクラス)ミニ四駆グランプリ2014東京大会の表彰台(オープンクラス)

あせらないで(すぐに結果を求めないで)、色々なことを試しながら、少しずつ経験を積み重ねて上達してゆくのが、長く楽しめる秘訣です。 そのためには、ずるいこと(モーターの不正改造とか)をするのではなく、勉強と実践を繰り返して、自分自身をレベルアップさせるのが1番です。

  • ミニ四駆を、組み立てて改造して、お店のコースで走らせてみる。 ※アイデアを形にする
  • ミニ四駆ステーション大会や公式大会に、参加してみる。     ※実戦経験を積む
  • ミニ四駆から一歩離れて、勉強してみる。            ※理解を深める

タミヤプラモデルファクトリー新橋店のコースを走るミニ四駆その2ミニ四駆グランプリ東京大会の様子その5ミニ四駆の勉強で使った本

これらを繰り返せば、あなたもミニ四駆も、一緒にレベルアップしてゆけるはずです。 次の記事も、参照してみてください。
> 「ミニ四駆の大会に参加してみよう!
> 「勉強をがんばると、ミニ四駆が速くなる!
> 「「ライバルは自分」と考えてみよう!


最後に、復帰直後(約1年前)に作ったミニ四駆と、最近作ったミニ四駆を、それぞれ紹介します。

レベルアップはしましたが、ミニ四駆については、まだまだ分からないことだらけです。 これからも、分かったことを、このサイトに掲載してゆきます。 また、このミニ四駆のような、複雑な改造も紹介します。

ミニ四駆MSシャーシの改造その3

このサイトは1人で作っていますが、私独りの力ではありません。 ミニ四駆を通じて知り合った方々から、様々なヒントをもらっています。 特に子供たちからは、こちらが学ばされることが多いです。

田宮俊作さんが書いた色紙

ミニ四駆を製造・販売している田宮模型の2代目社長(現会長)、田宮俊作さんの言葉。

ミニ四駆は、これからさらに白熱して、楽しくなります。 遊ぶ人が増えて、競争が激しくなって、全体のレベルが上がって、新しいアイデアが生まれる可能性があるからです。

タミヤプラモデルファクトリー新橋店のコースを走るミニ四駆その1ミニ四駆グランプリ東京大会の様子その4

今回挙げた4つの改造は、しないように注意して、基本を大切にすることを意識してみてください。 そして、自分自身をレベルアップさせて、より高性能なミニ四駆を作り出せるように、なりましょう!

FRPプレートを使ったギミック

以上、ミニ四駆のために、しない方がいい4つの改造でした(^-^)


【関連記事】

<共有ボタン>

ミニ四駆が大好きで、もっともっと盛り上げたくて、日々活動しています!
ご利用中のSNSがあれば、「ポチッ」としていただけると幸いです m(_ _)m

  • リツイートする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitter / Facebook / Google+ / はてなブックマーク