MAシャーシの改造に挑戦してみたよ!(2)

MAシャーシ基本改造の外観(ボディあり)

高性能で、最初から速いMAシャーシ。 ミニ四駆の初心者の、強い味方です。 でも実は、超上級者向けテクニカルシャーシ。 今回は、基本的な改造を紹介します☆


MAシャーシ改造(フェスタジョーヌ)

今回は、MAシャーシの基本的な改造方法を紹介します。 次の写真は、「フェスタジョーヌ」のMAシャーシをベースに改造したミニ四駆です。 グレードアップパーツの加工は、一切していません。

MAシャーシ基本改造の外観(ボディ無し)


車輪は、「ローハイトタイヤ&ワンウェイホイールセット」です。 ノーマルタイヤとワンウェイホイールの組み合わせは、加速力が強くて、コーナーの走りもスムーズです。 中径ならではの高い安定性も誇る、優秀なパーツですよ☆

MAシャーシ基本改造の車輪

ホイールシャフトの軸受けには、「AO-1011 620ボールベアリング2個セット」を使っています。 また、摩擦抵抗を減らすために、ホイールとの間には、「AO-1018 ベアリングローラー用スペーサー(20個)」を挟んでいます。

ベアリングローラー用スペーサー

ちなみに、車輪のブレが大きいと、速さも安定性もダウンしてしまいます。 車輪を取り付ける時は、次の点を意識してみてください。

【走りを良くする車輪の取り付け方法】
  • ①ホイールシャフトは、車輪に対して、なるべく垂直に入れる。
  • ②取り付けた後、手で回して、車輪のブレの大きさを確認する。
  • ③車輪のブレが大きい場合は、いったん抜いてから、入れ直す。
     →ブレが無くなるか、小さくなるまで、①②を繰り返す。
  • ※詳細は「VSシャーシの改造に挑戦してみたよ!(3)」を参照。

ミニ四駆のホイールのブレ確認のイメージ

なお、タイヤは、両面テープを使ってホイールに固定するようにしてください。 速いモーターで走らせた場合、両面テープで固定しないと、走行途中にタイヤが外れてしまい、思わぬアクシデントが発生するからです。 今までに見たトラブルでは、次のようなケースがありました。

  • ・タイヤが外れてコースアウト。 はずみで、ミニ四駆が破損/タイヤが無くなった。
  • ・外れたタイヤがコース上に残り、そこを通過した他のミニ四駆がコースアウトした。
  • ・外れたタイヤが、別のミニ四駆(シャーシと車輪との間)にひっかかって停止した。
     しかも、所有者が気づかずにスイッチを入れたままで、モーターが焼けこげて発煙。

このように、自分が損をするだけでなく、他のレーサーにも迷惑がかかってしまうわけです。

管理人が愛用している両面テープは「NW-KG15:ニチバン ナイスタック 両面テープ(皮革・ゴム用)」です。 薄くて接着も強い(もちろん手で外すこともできる)ので、お勧めです。


フロント(前)バンパーは、「ミニ四駆PRO FRPワイドプレートセット」で補強しました。 このパーツは、13mm以下のガイドローラーも、最大幅( 105mm)まで広げることができます。 FRPプレートは2つに分かれますが、MAシャーシは頑丈なので、強度は十分です。

MAシャーシ基本改造のフロントバンパー

パーツを取り付ける際は、事前にトラスビスを入れて、ネジ穴を作っておきましょう。 トラスビスのカサ部分が、バンパーの角度と平行になるように入れます。 手間はかかりますが、こうすれば、ネジ穴を綺麗に作ることができるので、以降の作業が楽になります。

フロントバンパー取り付け手順その1フロントバンパー取り付け手順その2

前述のネジ穴の話は、シャーシにパーツをビス止めする作業の全般に言えます。 ミニ四駆はシャーシがダメになったらおしまいなので、ていねいに扱うことを、心がけましょう。

バンパーの下には、「FRPマルチ補強プレート」を取り付けて、緑のブレーキスポンジ(「ブレーキスポンジセット」)を貼りました。

MAシャーシ基本改造のフロントブレーキその1

シャーシとの間には、大ワッシャーを4枚ずつ挟んで、地上高を下げています。 また、ブレーキスポンジを長持ちさせるため、側面に「ミニ四駆マルチテープ(10mm幅 ブルー)」を貼っています。 ブレーキを強く効かせる場合はワッシャーの枚数を増やして、逆に弱くする場合は減らすと良いでしょう。

MAシャーシ基本改造のフロントブレーキその2


ガイドローラーは、「13mmオールアルミベアリングローラー(ゴールド)」です。 ビスは、25mmのキャップスクリュー(「2mm キャップスクリューセット(25mm・30mm)」)を使っています。 安定性を高めるため、11mmのスタビヘッド(「大径スタビヘッドセット(11mm,15mm)」)を取り付けました。

MAシャーシ基本改造のフロントガイドローラー

取り付けは、次のように行います。

キャップスクリューに小ワッシャーを入れて、FRPプレートの下から通します。 上からは大ワッシャーを入れて、ガイドローラーをセットします。 その後、スプリングワッシャーを挟んで、ナットで固定します。

フロントバンパーの取り付け手順その1フロントバンパーの取り付け手順その2

簡易スパナでナットを締める際は、反対側から六角レンチで押さえて、キャップスクリューが回転しないようにしましょう。 または、簡易スパナでナットを固定しつつ、六角レンチでキャップスクリューを回す方法でもOKです。

フロントバンパーの取り付け手順その3

さらに、6.7mmスペーサー、3mmスペーサー、スタビヘッドの順に入れて、スタビボールで固定して、完成です。

フロントバンパーの取り付け手順その4フロントバンパーの取り付け手順その5


サイド(横)バンパーには、「FRPマルチ補強プレート(ショート)」をビス止めして、マスダンパーを取り付け可能にしました。

MAシャーシ基本改造のサイドバンパーその1MAシャーシ基本改造のサイドバンパーその2


リヤ(後)バンパーには、「HG 13・19mmローラー用 カーボンマルチ補強プレート(2mm金ラメ)」を取り付けました。 このパーツは、13mmのガイドローラーを、最大幅( 105mm)まで広げることができます。

MAシャーシ基本改造のリヤステーその1MAシャーシ基本改造のリヤステーその2

ガイドローラーは、「ミニ四駆ローラー用13mmボールベアリングセットⅡ」です。 ビスは、30mmのキャップスクリュー(「2mm キャップスクリューセット(25mm・30mm)」)を使っています。 安定性を高めるため、11mmのスタビヘッド(「大径スタビヘッドセット(11mm,15mm)」)を取り付けました。

MAシャーシ基本改造のリヤガイドローラーその1MAシャーシ基本改造のリヤガイドローラーその2

ガイドローラーは、次のように取り付けるのが基本ですが(詳細は「ローラーセッティングをマスターしよう!」を参照)、数を減らすと、コーナーが速くなるらしいです。 ですので、今回は、4ローラーにチャレンジしてみました。

ガイドローラーの取り付け例のイメージ

取り付けは、次のように行います。

キャップスクリューに大ワッシャーを入れて、カーボンプレートの下から通します。 上からは大ワッシャーを入れて、ガイドローラーをセットします。 その後、6.7mmスペーサーを入れてから、スプリングワッシャーを挟んで、ナットで固定します。

リヤガイドローラーの取り付け手順その1リヤガイドローラーの取り付け手順その2

さらに、6.7mmスペーサー、1.5mmスペーサー、スタビヘッドの順に入れて、スタビボールで固定して、完成です。

リヤガイドローラーの取り付け手順その3リヤガイドローラーの取り付け手順その4

ブレーキは、「FRPマルチ補強プレート(ショート)」と「FRPマルチ補強プレート」を組み合わせて、自作しました。 6mmスペーサーを挟んで、FRPプレートが水平になるよう、取り付けています。

MAシャーシ基本改造のリヤブレーキその1MAシャーシ基本改造のリヤブレーキその2

ブレーキの調節は、「ミニ四駆マルチテープ(10mm幅 ブルー)」で行うのが良いでしょう。 ワッシャー(高さ変更)による調節も、少しだけ可能ですが、テープによる目隠しの方が、手軽で便利です。


モーターは、「トルクチューンモーターPRO」です。 スピードを重視するため、ピニオンギヤは、金属製からプラスチック製に交換しました。

金属製は、頑丈で壊れにくくて、抜ける心配もないので、メンテナンスがほぼ不要です。 その代わり、重いという欠点があるんですね。 プラスチック製は、メンテナンス(時々、ギヤの破損や抜けの確認)が必要になりますが、軽いので、スピードアップが期待できます。

ピニオンギヤの重さその1ピニオンギヤの重さその2

ピニオンギヤを抜く場合は、「ミニ四駆 ピニオンプーラー(ブルー)」を使いましょう。 モーターに負担をかけることなく、ピニオンギヤを安全に外すことができます。 間違っても、ペンチなどは使わないように。 強引に抜こうとすると、モーターが痛んで、性能が下がる恐れがあるからです。 プラスチック製のピニオンギヤを抜く場合も、同じです。

ピニオンギヤの取り外しその1ピニオンギヤの取り外しその2


ターミナル(電池金具)は、「MSシャーシ ゴールドターミナル」に交換しました。 キット付属のターミナルよりも高性能(*1)なので、ミニ四駆のスピードがアップします。

ターミナル(電池金具)

*1:キット付属のターミナルは銅製なので、酸化(空気中の酸素と融合)しやすく、すぐに性能が下がってしまう。 ゴールドターミナルは金メッキのおかげで、性能が劣化しにくい上に、ミニ四駆のスピードもアップする。 性能の違いについては、以前の記事「【検証】ターミナル(電池金具)」を参照。


カウンターギヤには、520ボールベアリング(「ミニ四駆PRO MSシャーシ用ギヤベアリングセット」、「AO-1017 520ボールベアリング4個」)を内蔵しました。 また、ギヤシャフトは、「フッソコートギヤシャフト(ストレート2本)」に交換しました。 どちらも、スピードアップには欠かせないパーツです。

ギヤシャフト&ギヤシャフト・ベアリング

カウンターギヤに内蔵するパーツは、いくつか種類がありますが、両軸モーターのシャーシ(MS、MA)は、520ボールベアリングで決まりです。 内蔵するパーツの性能については、以前の記事「【検証】ギヤシャフト・ベアリング(カウンターギヤの軸受け)」を参照してください。


ホイールシャフトは、「60mmブラック強化シャフト(4本)」です。 キット付属のシャフトよりも頑丈なので、そう簡単には曲がりません。 また、ホイールが抜けにくいという長所もあります。

ホイールシャフト

まとめ

シャーシの重さは 106.6g、ボディを含めると 127.0gです(グリスアップはしていない状態)。

MAシャーシ基本改造の重さ(ボディ無し)MAシャーシ基本改造の重さ(ボディあり)

マスダンパーは、サイド(横)に2ヶ所、リヤ(後)に2ヶ所、計4ヶ所に取り付けることができます。 前にも取り付けたい場合は、「ミニ四駆超速ガイド2014」の9ページに掲載されている、ミニ四ドクターのマシンを参考にすると良いでしょう。

MAシャーシ基本改造へのマスダンパーの取り付け

カーボンプレートを取り付けた関係で、ボディキャッチの取り外しが、ちょっとやりにくいです。 ポイントは、ボディキャッチのはしっこ(下の写真、左上の青丸部分)を押して、時計回りに動かすことです。 こうすれば、比較的スムーズに外すことが、できるでしょう。 取り付ける場合も、同じです。

ボディキャッチャーの取り外しその1ボディキャッチャーの取り外しその2
ボディキャッチャーの取り外しその3ボディキャッチャーの取り外しその4


改造に使った部品は、次のとおりです。

【使用パーツ一覧】
部位 キット/パーツ名
シャーシ フェスタジョーヌ
ボディ
車輪 ローハイトタイヤ&ワンウェイホイールセット
フロント(前)バンパー ミニ四駆PRO FRPワイドプレートセット
13mmオールアルミベアリングローラー(ゴールド)
大径スタビヘッドセット(11mm,15mm)の11mmスタビヘッド
FRPマルチ補強プレート(*1)
サイド(横)バンパー FRPマルチ補強プレート(ショート)(*1)
リヤ(後)バンパー HG 13・19mmローラー用 カーボンマルチ補強プレート(2mm金ラメ)
ミニ四駆ローラー用13mmボールベアリングセットⅡ
大径スタビヘッドセット(11mm,15mm)の11mmスタビヘッド
FRPマルチ補強プレート(ショート)(*1)
FRPマルチ補強プレート(*1)
モーター トルクチューンモーターPRO
カウンターギヤ&スパーギヤ キット付属の超速ギヤ
※「ミニ四駆PRO MSシャーシ用超速ギヤセット
ギヤシャフト フッソコートギヤシャフト(ストレート2本)
ギヤシャフト・ベアリング 520ボールベアリング
※「AO-1017 520ボールベアリング4個」、「ミニ四駆PRO MSシャーシ用ギヤベアリングセット」に付属。
ホイールシャフト 60mmブラック強化シャフト(4本)
ホイールシャフト・ベアリング AO-1011 620ボールベアリング2個セット ※2セット
AO-1018 ベアリングローラー用スペーサー(20個)
ターミナル(電池金具) MSシャーシ ゴールドターミナル
その他 2mm キャップスクリューセット(25mm・30mm)
ボールスタビキャップ(モノクロ)
ブレーキスポンジセット
ミニ四駆マルチテープ(10mm幅 ブルー)

*1:パーツの購入は、1セットでOK。

ビスやナットが足りない場合は、次のパーツで補充すると良いでしょう。

> 小部品の内訳については、「製品パーツカタログ – ⑧その他パーツ(小部品)」を参照。

作る時は、最低でも、次の工具を準備しましょう。 代わりのものがあれば、同じ工具でなくてもOKです。

走行レポート

タミヤプラモデルファクトリー新橋店で、テスト走行してみました。

タミヤプラモデルファクトリー新橋店のコースの様子その1

トルクチューンモーターPROでは、マスダンパー無しで完走。 「ライトダッシュモーターPRO」では、次のセッティングで、5周走りきることができました。

フェスタジョーヌ(MAシャーシ)のセッティングその1フェスタジョーヌ(MAシャーシ)のセッティングその2

今度は「ハイパーダッシュモーターPRO」で走らせたところ、ジャンプ台でのコースアウトや、下り坂での逆走が頻発。 マスダンパーの量を増やして、ブレーキを強めても、5周させることができません(>_<)。

そこで、サイド(横)のマスダンパーを外したところ、5周走りきることができました\(^o^)/

フェスタジョーヌ(MAシャーシ)のセッティングその3フェスタジョーヌ(MAシャーシ)のセッティングその4

ミニ四駆はスピードが上がると、ジャンプした際、空中で前傾姿勢になります。 4輪同時に着地させないと、ミニ四駆の走りは、不安定になってしまうんですね。 試しに、自分でジャンプしてみてください。 片足よりも両足で着地する方が、安定しますよね? それと同じです。

両軸モーターのシャーシ(MS、MA)は、モーターの位置が中央なので、片軸モーターのシャーシ(VS、スーパーⅡ、ARなど)よりも、さらに前傾姿勢になりやすいわけです。 サイド(横)のマスダンパーを外して走りが安定したのは、このためです。

タミヤプラモデルファクトリー新橋店のコースの様子その2タミヤプラモデルファクトリー新橋店のコースの様子その3

ガイドローラーは4つですが、コーナーから飛び出すことは、ありませんでした。 また、ワンウェイホイールのおかげで、コーナーでも減速するどころか、ぐんぐん加速してゆきます o(*゚▽゚*)o

MAシャーシ、速いです♪ フェスタジョーヌ、かっこE〜 (≧∇≦)

フェスタジョーヌの側面


次は、グッピー越谷レイクタウン店です。
※2015/10/6追記 記事の掲載後に移転されたため、現在はありません。

グッピー越谷レイクタウン店のコースの様子

この日は、バンクセクションがレーンチェンジ代わりのコースでした。 ブレーキを強く効かせていると、芝生で減速してしまいます。

コースを走るフェスタジョーヌその1コースを走るフェスタジョーヌその2

そこで、「ミニ四駆マルチテープ(10mm幅 ブルー)」を貼って、ブレーキ無効にしてみました。

MAシャーシ(フェスタジョーヌ)のセッティングその1MAシャーシ(フェスタジョーヌ)のセッティングその2

芝セクションでの減速は、かなりおさえられました。 ただ、トルクチューンモーターPROでも、時々コースアウトしてしまいます(+_+)

そこで、マスダンパーを、サイド(横)とリヤ(後)の4カ所に取り付けたところ、無事完走。 ライトダッシュモーターPROとハイパーダッシュモーターPROでも、3周走りきることができました\(^o^)/

MAシャーシ(フェスタジョーヌ)のセッティングその3MAシャーシ(フェスタジョーヌ)のセッティングその4


ミニ四駆を走らせる醍醐味は、最適なセッティングを見つけ出す過程の中にあります。 最適なセッティングは、コースによって変わりますし、1台1台のミニ四駆によっても変わります。

  • 完走できたら、より早いタイムで走りきるセッティングを模索する。
  • 完走できなかったら、原因・理由を考えて、セッティング変更する。

モーター・ブレーキ・ギヤ比を変えて、スピードを調節したり、マスダンパーを変えて、重量バランスを調整(ジャンプ姿勢を制御)したりしながら、最適なセッティングを追い求めます。 試行錯誤が大変なほど、見つけた時の喜びも、大きくなります。

ミニ四駆グランプリ2015東京大会の様子その11ミニ四駆グランプリ2015東京大会の様子その13

答えを探求する過程(プロセス)や、機械いじり(改造)を楽しめないと、ミニ四駆を続けるのは難しいです。

友達同士で、わいわい言いながらのレースも楽しいですし、公式大会やミニ四駆ステーション大会も、盛り上がります。 ただそれは、ミニ四駆の楽しみ方の1つに過ぎません。 たとえ良い結果が出ても、「プロセス」や「改造」が楽しめなければ、すぐに飽きてしまうでしょう(もったいないですよね)。

ミニ四駆グランプリ2015東京大会の様子その1ミニ四駆グランプリ2015東京大会の様子その15

公式大会は、一発勝負のレースになるケースが増えてきました。 2012年にジャパンカップが復活した影響で、ミニ四駆を始める人・大会に参加する人が、増え続けているからです。 「朝早く起きて、大会に参加したのに、1次予選負けで、すぐ終わっちゃった」となると、ショックですよね。

でも、公式大会に近い形のコースを用意してくれる、ミニ四駆ステーションもあります。 そのようなお店に行って、事前に予行練習するのも、1つの方法ですよ☆

プラモデルショップシャトルのコース

以前の記事「プラモデルショップ シャトルに行ってみたよ!」で紹介したミニ四駆ステーション。 縮小版ながら、ミニ四駆グランプリ2015 SPRINGに似たコースが設置されている。

MAシャーシは速いです。 速過ぎて、制御(コースアウトさせないように走らせること)が難しいほどです。

片軸モーターのシャーシ(VS、スーパーⅡ、ARなど)+「ハイパーダッシュ3モーター」よりも、
両軸モーターのシャーシ(MS、MA)+「ハイパーダッシュモーターPRO」の組み合わせの方が、
スピードは上です。 アップダウンが少ないコースでは、特に強さを発揮します。

ミニ四駆グランプリ2015東京大会の様子その8ミニ四駆グランプリ2015東京大会の様子その5

公式大会でも、MAシャーシのミニ四駆が、表彰台に上がるようになりました。 先のことを考えると、早めに経験を積むのが、得策と言えるでしょう。

ミニ四駆グランプリ2015東京大会の様子その16ミニ四駆グランプリ2015東京大会の様子その4


今までに発売されたMAシャーシのキットは、次のとおりです(公式大会の会場限定販売は除く)。

【MAシャーシのミニ四駆】 ※2015年3月6日現在
キット マシン名
通常 ブラストアロー
ヒートエッジ
フェスタジョーヌ
トライゲイル
アビリスタ
ライキリ
限定 ブラストアロー ブラックスペシャル
ヒートエッジ グリーンスペシャル

MAシャーシが未経験なら、まずはこれを作ってみてください。 キットは、フェスタジョーヌ以外でも大丈夫です。 お気に入りのミニ四駆を見つけて、作って改造して走らせてみましょう!

2015年3月現在、最新のシャーシであるMAシャーシ。 その性能の高さを、体感できるでしょう。

MAシャーシ基本改造の外観(ボディあり)


【関連記事】

<共有ボタン>

ミニ四駆が大好きで、もっともっと盛り上げたくて、日々活動しています!
ご利用中のSNSがあれば、「ポチッ」としていただけると幸いです m(_ _)m

  • リツイートする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitter / Facebook / Google+ / はてなブックマーク