ミニ四駆の仕組み

ここでは、ミニ四駆の仕組み(メカニズム)ついて解説します。

仕組みを理解することが、速いミニ四駆を作る第一歩!

ミニ四駆は、電池(単三電池2本)で走る、四輪駆動(4つの車輪が同時に回ること)の車です。

改造を重ねたミニ四駆のスピードは、大人が走っても追いつかないほどです。 手のひらサイズの大きさの中には、とても高度なテクノロジーが詰まっているんですね。

コースを走るミニ四駆

他のレーサーが作った速いミニ四駆を真似すれば、それなりに速いミニ四駆になります。 でも、ミニ四駆の仕組みを知らずに真似するだけでは、レースには勝てません。 そのセッティングが、どうして速いのか、分からないからです。

レースの模様

それでは、次のミニ四駆(サンダーショット&VSシャーシ)を例に、ミニ四駆の仕組みを見ていきましょう!

サンダーショットVSシャーシ


タミヤ充電式電池ネオチャンプミニ四駆のエネルギー源である、電池(写真は、タミヤ充電式電池ネオチャンプ)。 使う電池によって、ミニ四駆の速さは大きく変わります。


電池金具前面電池金具前面でスイッチを入れたところ

電池金具(ターミナル)。 スイッチを入れると、左から右の写真のように変化して、2本の電池がつながります。


電池金具後面もう一方(モーター側)の電池金具。 電池とモーターを、直接つなげます。


ピニオンギヤとカウンターギヤカウンターギヤ

ピニオンギヤ(白)とカウンターギヤ(赤)とスパーギヤ(肌色)。 これらのギヤが上手くかみ合って、モーターの回転が車輪に伝わります。


モーターと電池金具のセット電池金具からモーターを外したところ

モーターと電池金具のユニット。 モーターを外してみると、裏側でつながっていることが分かります。


シャフトギヤ後ろホイールシャフト(銀色の横棒)とクラウンギヤ(桃色)。


プロペラシャフトが四輪駆動を可能にする前後のクラウンギヤ(桃色)は、プロペラシャフト(土色のギヤが付いている長い棒)で結ばれています。 この仕組み(シャフトドライブ)が、四輪駆動の秘密です。


フロントローラー2段4つのローラー

シャーシの外側に取り付けられたローラー。 真っすぐにしか進まないミニ四駆は、カーブなどでコースの壁に当たると、大きく減速してしまいます。 ローラーがあれば、たとえ壁に当たっても、スムーズに走ることができます。


以上が、ミニ四駆の基本的な仕組みです。 仕組みを理解すれば、ミニ四駆の改造(グレードアップパーツを取り付けるなど)やメンテナンス(グリスを塗ったり汚れた部分を掃除したりなど)を、しっかりとできるようになります。 そしてミニ四駆を、ビュンビュン走らせることが、できるようになりますよ☆

<共有ボタン>

ミニ四駆が大好きで、もっともっと盛り上げたくて、日々活動しています!
ご利用中のSNSがあれば、「ポチッ」としていただけると幸いです m(_ _)m

  • リツイートする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitter / Facebook / Google+ / はてなブックマーク