お勧めシャーシはどのシャーシ?

エアロサンダーショット(ARシャーシ)

多種多様なミニ四駆のシャーシ。 お勧めのシャーシについて解説します。


多種多様なミニ四駆のシャーシ

ミニ四駆には、ボディの種類だけでなく、シャーシの種類もいっぱいあります。 シャーシが違えば、ミニ四駆の走りも変わってきますし、改造の幅も変わってきます。

今までに発売されたミニ四駆のシャーシを、見てみましょう。

【ミニ四駆シャーシ一覧】 ※2013年12月28日現在
シャーシの名前 発売された年
タイプ1シャーシ 1986年
タイプ2シャーシ 1988年
タイプ3シャーシ 1989年
タイプ4シャーシ 1990年
ゼロシャーシ 1990年
FMシャーシ 1990年
タイプ5シャーシ 1992年
スーパー1シャーシ 1993年
スーパーFMシャーシ 1996年
スーパーTZシャーシ 1996年
スーパーXシャーシ 1998年
VSシャーシ 1999年
スーパーTZ—Xシャーシ 1999年
MSシャーシ 2005年
スーパーXXシャーシ 2009年
スーパーIIシャーシ 2010年
ARシャーシ 2012年
MAシャーシ 2013年

お店で見かけるシャーシは、スーパー1シャーシ以降の11種類です(たまに、過去の古いシャーシが売られていることもあります)。 それでも、こんなに沢山の種類があると、どのシャーシを選べば良いか、迷ってしまいますよね。

速いのは、どのシャーシ?

一概に言えませんが、新しいシャーシほど、スピードが速いようです。 それと同時に、拡張性が高くて、様々なコースに対応しやすいようです。

ベスト6を挙げるなら、
 VSシャーシ、
 MSシャーシ、
 スーパーXXシャーシ、
 スーパーIIシャーシ、
 ARシャーシ、
 MAシャーシ
です。

【お勧めシャーシ ベスト6】 ※画像をクリックすると、新規ウインドウで拡大表示。

あえて1つに絞るなら、どのシャーシがお勧め?

ARシャーシです。 組み立てやすくて最初から速く、安定性も高いシャーシだからです。 実際に組み立ててみると、性能の高さを実感します。

ただ、単にスピードが速いだけでは、大会で上位になることはできません。 ミニ四駆を制御する力量がないと(言い換えるなら、レーサーとしてのレベルが高くないと)、レースに勝ち続けることはできないからです。 それに、ミニ四駆に詳しい人や改造が上手な人は、前に挙げたお勧めシャーシのどれを使っても、速いミニ四駆を作り上げることができます。

使いたいシャーシのミニ四駆に、好みのボディがない場合は?

使いたいシャーシのミニ四駆と、好みのボディのミニ四駆を、両方買いましょう。 ミニ四駆のボディは、ある程度互換性があるので、別のシャーシに乗せることができるからです。

そのまま乗せることができるケースもあれば、工具を使ってボディを加工する必要があるケースもあります。 ボディとシャーシは色々な組み合わせがあるので、実際に試してみてください。

ちなみに、ボディは同じでも、複数のシャーシで発売されているミニ四駆もあります。 たとえば、ダッシュ1号「エンペラー」には、MSシャーシ版とスーパーIIシャーシ版があります。

最初はあまりシャーシにこだわらずに、まずは自分が気に入ったミニ四駆(ボディ)で選ぶのが、良いですよ☆


【関連記事】

<共有ボタン>

ミニ四駆が大好きで、もっともっと盛り上げたくて、日々活動しています!
ご利用中のSNSがあれば、「ポチッ」としていただけると幸いです m(_ _)m

  • リツイートする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitter / Facebook / Google+ / はてなブックマーク